市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:1ドル109円40銭台で推移、ユーロ安・ドル高の流れ続く

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 1日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=109円46銭前後と、前週末午後5時時点に比べ7銭程度のドル高・円安となっている。

 欧州時間のドル円相場はややドル買い・円売りが優勢で、午後4時30分ごろには一時109円47銭まで上昇。時間外取引で米10年債の利回りが2.96%台と強含みで推移しているほか、ユーロ・ドルが午後3時30分頃に1ユーロ=1.2054ドルをつけるなどユーロ安・ドル高の流れが続いていることもドル円相場に波及しているようだ。ただ、きょうからあすにかけて米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されることや、今晩はドイツやフランスなどがレーバーデーで休場となることから積極的には動きにくい面もあり、一段の上値追いには慎重ムードもある。

 ユーロは対円で1ユーロ=131円94銭前後と同10銭強のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.2057ドル前後と同0.0020ドル弱のユーロ安・ドル高で推移している。


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均