市場ニュース

戻る

【材料】日本高周波鋼業<5476>のフィスコ二期業績予想

高周波 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月17日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本高周波鋼業<5476>

3ヶ月後
予想株価
900円

神戸製鋼傘下の特殊鋼老舗。工具鋼を主力に、特殊加工製品やステンレス鋼、鋳鉄部品なども展開。18.3期3Q累計では、増収・営業利益倍増。通期営業利益見通しを4.3億円減額修正も、大幅営業増益を計画。

原材料や燃料市況高騰が重石。特殊鋼は自動車、エネルギー、ハードディスクドライブ向けの需要が旺盛。鋳鉄も自動車、産業機械、建設機械向けに引き合い。不適切行為は決着。株価は底打ち感強く、緩やかな上昇を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/40,000/1,000/1,100/770/52.50/15.00
19.3期連/F予/40,000/1,300/1,350/1,100/75.00/15.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/17
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均