市場ニュース

戻る

【材料】市進ホールディングス<4645>のフィスコ二期業績予想

市進HD <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

市進ホールディングス<4645>

3ヶ月後
予想株価
450円

学習塾の「市進学院」や「個太郎塾」等を展開。また、学童保育施設や日本語学校、介護等、事業を多角化。海外ではインドや香港で日本語学校や日本人向け学習塾を運営。18.2期は小幅減収、約30%の営業減益着地。

19.2通期は小幅増収、営業減益予想。今春の合格実績や授業料の見直し等により生徒数増加続く見通し。また、教室の移転やリニューアルで集客力強化を図る。経費統制も進める。株価は収益改善による底打ちから回復へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.2期連/F予/16,500/320/240/200/20.18/10.00
20.2期連/F予/17,300/350/260/220/22.19/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/19
執筆者:NI

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均