市場ニュース

戻る

【材料】日清オイリオグループ<2602>のフィスコ二期業績予想

日清オイリオ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日清オイリオグループ<2602>

3ヶ月後
予想株価
3,500円

家庭用食用油トップ。「日清サラダ油」等の食用油や調味料、健康食品に加え、業務用の食用油や大豆食品素材を製造、販売。高齢者・介護用食品も展開。18.3期3Q累計は二桁の減益。原料の菜種価格上昇が響いた。

18.3通期は増収も、小幅減益予想。加工油脂やファインケミカルの伸び続くが、原料価格上昇や価格転嫁の遅れが影響する。株価指標はPBRが1倍以下と割安。株価は底打ちの様相。採算改善とともに回復基調鮮明。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/340,000/10,000/10,000/6,500/190.40/36.00
19.3期連/F予/350,000/11,000/11,000/7,200/210.95/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/19
執筆者:NI

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均