市場ニュース

戻る

【材料】エコナックホールディングス<3521>のフィスコ二期業績予想

エコナック <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

エコナックホールディングス<3521>

3ヶ月後
予想株価
120円

不動産事業を展開。子会社は温浴事業、繊維事業を手掛ける。日本レース譲渡。温浴施設「テルマー湯」にリソース投入。株主優待制度導入。温浴事業は黒字転換。イベントやTV効果等が寄与。18.3期3Qは大幅増益。

西麻布のビルは安定収入確保。温浴施設の来館者数は大幅増。18.3期通期は大幅増益見通しだが、織り込み済み。バリュエーション面の上値余地は限定的。今後の業績拡大期待は高めづらく、当面の株価はもち合い想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/1,890/160/120/120/2.81/0.00
19.3期連/F予/1,850/170/130/130/3.04/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/19
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均