市場ニュース

戻る

【材料】クラリオン---急落、想定外の今期減益見通しがネガティブインパクトに

クラリオン <日足> 「株探」多機能チャートより

クラリオン<6796>は急落。18年3月期営業利益は73.5億円で前期比35%減と、従来予想の75億円をやや下回って着地した。19年3月期は30億円で同59%の大幅減益見通し。市場予想の95億円程度を大きく下回っている。OEM主力顧客向けの売上減少、販売単価の下落などが今期の減益要因とみている。注目度の高い車載カメラ関連の成長期待は残るものの、想定以上の収益悪化に対するネガティブな反応が優勢となっている。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均