市場ニュース

戻る

【市況】大型連休入りで個人主体の中小型株等は手掛けづらく/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 22413.85 (+94.24)
TOPIX  : 1774.58 (+2.45)

[後場の投資戦略]

 昨日、日経平均をけん引した東エレク<8035>は、買い先行で始まったものの、その後は利食いに押されている。一方で、本日は今期急回復を見込む京セラ<6971>のほか、スプリントとTモバイルUSによる統合が来週にも合意と伝えられたことを受けた、ソフトバンクG<9984>、そしてファーストリテ<9983>がけん引している。ファナック<6954>についても売り一巡後は下げ幅を縮めてきており、日経平均は下げづらいだろう。

 もっとも、決算発表が第一弾のピークを迎えるほか、大型連休入りから積極的な参加者は限られている。指数インパクトの大きい値がさ株がインデックス売買によって強含みとなるものの、個人主体の中小型株等は手掛けづらくさせ、次第に利益確定の流れが強まりそうである。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均