市場ニュース

戻る

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):Vコマース、東エレク、川重

Vコマース <日足> 「株探」多機能チャートより
■バリューコマース <2491>  1,651円  +300 円 (+22.2%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ
 25日、バリューコマース <2491> が決算を発表。18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益が前年同期比67.2%増の8.2億円に拡大して着地したことが買い材料視された。「Yahoo!ショッピング」に出店するストア向けCRM(顧客管理)ツールが好調だったうえ、成果報酬型広告やクリック課金型広告の売り上げも伸び、16.2%の大幅増収を達成した。上期計画の10.5億円に対する進捗率は78.2%に達しており、業績上振れを期待する買いが向かった。

■日本航空電子工業 <6807>  1,911円  +270 円 (+16.5%)  本日終値  東証1部 上昇率3位
 日本航空電子工業<6807>が急反発。同社は25日取引終了後、18年3月期通期の連結決算を発表し、売上高2539億4700万円(前の期比21.2%増)、営業利益206億3200万円(同71.1%増)、最終利益129億3600万円(同92.0%増)となった。主力のコネクタ製品を中心に、スマートフォンなどの携帯機器や自動車、産業機器向けの需要が堅調に推移したことが寄与した。なお、19年3月期の連結業績予想は、売上高2400億円(前期比5.5%減)、営業利益200億円(同3.1%減)、最終利益130億円(同0.5%増)を見込んでいる。

■OBC <4733>  7,780円  +1,000 円 (+14.8%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率4位
 オービックビジネスコンサルタント <4733> が続急騰。株価は2000年10月以来、約17年6ヵ月ぶりの高値圏に浮上した。同社は中小企業向け業務パッケージソフト「奉行」シリーズを主力としている。25日大引け後に発表した19年3月期業績見通しは経常利益(非連結)が前期比3.6%増の116億円に伸び、3期連続の増収増益見通しとなったことが買い材料視されたようだ。同時に発表した18年3月期の同利益は前の期比1.8%増の111億円だった。法制度改正による保守契約やその関連するサービスの売り上げが伸びたうえ、投資事業組合運用益が増加し、経常増益を確保した。今期は奉行シリーズのバージョンアップ需要の落ち込みなどで前期減収減益だったソリューション部門の業績回復を見込む。

■山洋電気 <6516>  9,290円  +1,120 円 (+13.7%) 一時ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率5位
 山洋電気 <6516> が急反騰、一時ストップ高まで買われ上場来高値を更新した。同社は26日午前に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。18年3月期の連結税引き前利益は前の期比60.2%増の85.4億円で着地。続く19年3月期も前期比30.0%増の111億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。前期はロボットや半導体製造装置向けを中心にサーボシステムが絶好調だったうえ、クーリングシステムの販売も伸びた。今期も旺盛な設備投資需要を背景に業績拡大が続く見通しだ。併せて、前期の年間配当を60円→65円に増額し、今期は110円とし、前期の株式併合を考慮した実質配当は4.8%増配とする方針とした。

■東京エレクトロン <8035>  21,050円  +1,635 円 (+8.4%)  本日終値
 東京エレクトロン<8035>は急反発。25日の取引終了後に発表した19年3月期の連結業績予想が、売上高1兆4000億円(前期比23.8%増)、営業利益3660億円(同30.2%増)、純利益2700億円(同32.1%増)と3割強の営業増益を見込むほか、年間配当は前期比199円増の823円を予定していることが好感された。データセンター向けサーバの好調なメモリ需要に伴いDRAM需要がひっ迫していることを背景に、半導体製造装置の大幅な伸長を見込む。また、大型パネルの投資拡大でFPD製造装置の拡大基調も続く見通し。なお、18年3月期連結決算は売上高1兆1307億2800万円(前の期比41.4%増)、営業利益2811億7200万円(同80.6%増)、純利益2043億7100万円(同77.4%増)だった。同時に、半導体製造装置の生産能力拡大を目的とし、製造子会社である東京エレクトロン テクノロジーソリューションズの山梨(藤井)および東北事業所内に新棟(生産棟)を建設すると発表した。建設費用はそれぞれ約130億円を見込んでいる。

■ディップ <2379>  2,692円  +133 円 (+5.2%)  本日終値
 25日、ディップ <2379> が発行済み株式数(自社株を除く)の1.56%にあたる90万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は4月26日から7月31日まで。

■川崎重工業 <7012>  3,810円  +170 円 (+4.7%)  本日終値
 川崎重工業<7012>が大幅高。26日午前11時30分ごろ発表した19年3月期業績予想で、売上高1兆6500億円(前期比4.8%増)、営業利益750億円(同34.1%増)、純利益470億円(同62.5%増)と大幅な増益を見込んでいることが好感された。精密機械・ロボット事業、エネルギー・環境プラント事業などを中心として売り上げの増加を見込むほか、前期に大きな損失を計上した車両事業および船舶海洋事業の収益回復が寄与する。年間配当は前期比実質10円増配の70円を予定。なお、18年3月期業績は、売上高1兆5742億4200万円(前の期比3.6%増)、営業利益559億2500万円(同21.6%増)、純利益289億1500万円(同10.3%増)だった。

■スクリン <7735>  8,770円  +240 円 (+2.8%)  本日終値
 SCREENホールディングス<7735>が8日ぶり反発、ディスコ<6146>も大きく切り返すなど、半導体製造装置関連が買われた。足もと外国為替市場ではドル高・円安が進行し、輸出セクターに追い風が強いほか、前日発表された東京エレクトロン<8035>の決算発表で19年3月期見通しが好調であったことから、半導体装置メーカー全般に物色の矛先が向いた。

■大成建設 <1801>  5,890円  +160 円 (+2.8%)  本日終値
 大成建設<1801>は堅調。同社は26日午後2時、18年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高を1兆5800億円から1兆5850億円(前期比6.6%増)へ、営業利益を1400億円から1818億円(同29.1%増)へ、最終利益を970億円から1267億円(同39.9%増)へそれぞれ増額した。売上高は概ね前回予想並みとなったものの、建設事業の利益率好転に伴う売上総利益の増益が寄与した。

■花王 <4452>  7,870円  +188 円 (+2.5%)  本日終値
 花王<4452>が4日ぶりに反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は25日、同社株のレーティングを「ニュートラル」から「オーバーウエート」へ引き上げた。目標株価は6540円から8400円に見直した。アジア市場向けプレミアムおむつが成長の柱となるとみている。同証券では、新たなエクイティストーリーとして「アジア市場での売り上げ成長維持、国内市場でのEC(電子商取引)強化や高付加価値化が成功の鍵」との見方を提示。なかでも、中国市場でベビー用紙おむつのプレミアム志向が進み日本製メリーズが好調であり、「他アジアでのベビー用品紙おむつや生理用品のプレミアム志向が進めば長期の業績成長を支える」ことになる点などを指摘している。

株探ニュース

日経平均