市場ニュース

戻る
2018年04月17日13時17分

【材料】DMPとACCESSが後場急伸、IoT・エッジコンピューティング向けAI技術の適用で協業

DMP <日足> 「株探」多機能チャートより
 ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>とACCESS<4813>がともに後場急上昇している。この日、両社はIoT・エッジコンピューティング向けの人工知能(AI)技術の適用に向けて協業することで合意したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 今回の協業により、ACCESSはこれまでのエッジコンピューティングをAI化し、新たに「エッジAIコンピューティングソリューション」として顧客に提供する。一方、DMPは現在、低消費電力AIプロセッサ「ZIAシリーズ」のFPGAモジュール化を進めており、ACCESSが進めるIoT・エッジコンピューティングのAI化に対して、DMPのエッジコンピューティング向けAIプロセッサ(ZIAシリーズのFPGAモジュール)およびAIに対する知見を提供することで顧客のIoT・エッジコンピューティングソリューションの構築に貢献するとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均