市場ニュース

戻る
2018年02月18日13時30分

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月16日発表分)

ブリヂストン <日足> 「株探」多機能チャートより

 【好材料】  ――――――――――――

■夢真ホールディングス <2362> [JQ]
関連会社であるBTCボックスの全保有株式300万株を売却する。これに伴い、売却益2億円を特別利益に計上する。通期業績への影響は現在精査中。

■木徳神糧 <2700> [JQ]
今期経常は6%増益へ。

■ジェイホールディングス <2721> [JQ]
今期経常は2.1倍増で2期連続最高益更新へ。

■アグレ都市デザイン <3467> [東証2]
戸建住宅の累計引き渡し棟数1000棟の達成を記念して、記念株主優待を実施。18年3月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、一律でクオカード1000円分を贈呈する。

■エイチーム <3662>
上期経常を48%上方修正・最高益予想を上乗せ。

■ソフトウェア・サービス <3733> [JQ]
1月売上高は前年同月比70.8%増の12億円。

■日本一ソフトウェア <3851> [JQ]
スマートフォン向けゲーム「魔界ウォーズ」のiOS版を配信開始。

■大石産業 <3943> [福証]
株主優待制度を新設。毎年3月末時点で100株以上を保有する株主を対象に、クオカードを贈呈する。金額は100株以上1000株未満保有で1000円分、1000株以上保有で3000円分となる。

■ユーザベース <3966> [東証M]
ベンチャー企業への投資・経営支援事業を開始する。

■シェアリングテクノロジー <3989> [東証M]
情報サイト「お金つくーる」を運営するAPEXYの全株式を取得し子会社化する。

■メディカルシステムネットワーク <4350>
子会社フェルゼンファーマが後発医薬品の製造販売承認を取得。

■鳥居薬品 <4551>
アレルゲン免疫療法薬「ミティキュアダニ舌下錠」の小児適応に係る用法・用量の追加承認を取得。

■ダイト <4577>
医療用医薬品の製造販売を手掛けるフェルゼンファーマと業務提携。

■オンコリスバイオファーマ <4588> [東証M]
新規腫瘍溶解アデノウイルス開発に特化した米バイオベンチャーのアンリーシュ社と資本提携。

■ニッパンレンタル <4669> [JQ]
今期経常は43%増益へ。

■メディアシーク <4824> [東証M]
東証が19日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

■ブリヂストン <5108>
今期経常は10%増益、前期配当を10円増額・今期は10円増配へ。

■リョービ <5851>
アルミ関連製品の製造販売を手掛ける旭テックアルミニウムの全株式を取得し子会社化する。

■ハマイ <6497> [JQ]
今期経常は2%増益へ。

■八十二銀行 <8359>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.98%にあたる500万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月19日から4月27日まで。

■アニコム ホールディングス <8715>
アニコム損害保険の1月新規契約件数は前年同月比14.1%増の1万2776件。

■ヒガシトゥエンティワン <9029> [東証2]
今期配当を3.5円増額修正。

■レノバ <9519> [東証M]
東証がレノバを23日付で東証1部に市場変更する。

■ウィルソン・ラーニング ワールドワイド <9610> [JQ]
米フロリダ州に保有する厚生施設の売却に伴い、売却益5100万円を特別利益に計上する。

■ミスミグループ本社 <9962>
1月売上高は前年同月比23.9%増の268億円。

 【悪材料】  ――――――――――――

■ツヴァイ <2417> [東証2]
今期経常を一転赤字に下方修正。

■日本たばこ産業 <2914>
1月国内たばこ販売数量は前年同月比14.3%減の61億本。

■ピーエイ <4766> [東証2]
今期経常は45%減益へ。

■清和中央ホールディングス <7531> [JQ]
今期経常は29%減益、10円減配へ。

■さいか屋 <8254> [東証2]
今期経常を一転赤字に下方修正。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■チャーム・ケア・コーポレーション <6062> [JQ]
3月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施する。また、東証はチャームケアを3月9日付で東証2部に市場変更する。一方、43万5000株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限6万5000株の第三者割当増資を実施する。

■星和電機 <6748> [東証2]
東証が星和電を3月9日付で市場1部に指定替えする。一方、70万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限16万5000株の第三者割当増資を実施するほか、自己株処分20万株と同社増山晃章社長による20万株の株式売り出しを行う。

※2月16日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2018年2月18日]

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均