市場ニュース

戻る
2017年12月13日08時52分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~内需系中心に買い先行もハイテクが重しに

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

13日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:内需系中心に買い先行もハイテクが重しに
■外資系証券の注文動向:差し引き250万株の売り越し
■前場の注目材料:川重、AIで故障特定、産業用ガスタービン、迅速な復旧支援


■内需系中心に買い先行もハイテクが重しに

13日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開になりそうだ。12日の米国市場では、13日のFOMCで利上げを確実視する向きが多く、投資家のリスク選好姿勢が強まった。NYダウが100ドルを超す上昇で最高値を更新。一方でハイテク株は利益確定の流れから売り買いが交錯しており、ナスダックやSOX指数は下落となっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円高の22850円だった。

この流れを引き継ぐ格好から買いが先行するとみられるが、その後はハイテク株への利益確定の流れが重しになりそうだ。また、FOMCの結果を見極めたいとする模様眺めムードが高まりやすいほか、昨日は中国・上海市場でスマホ関連株の下げが目立っており、上海市場の動向などにも関心が向かおう。

物色の流れとしては、金融セクターを中心とした内需関連への物色に向かわせよう。また、本日はIPOが4社予定されている。ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>、マツオカコーポレーション<3611>などに短期筋の買いが集中しそうだが、機関投資家を含めるとSGホールディングス<9143>への注目も高そうだ。米系証券では物流セクターへのカバレッジも観測されており、陸運や海運、空運、倉庫といった銘柄への波及が意識されそうだ。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■外資系証券の注文動向:差し引き250万株の売り越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り1250万株、買い1000万株、差し引き250万株の売り越しとの観測。

12月 06日(水):540万株の買い越し
12月 07日(木):760万株の買い越し
12月 08日(金):720万株の買い越し
12月 11日(月):110万株の買い越し
12月 12日(火):460万株の買い越し


■前場の注目材料

・米税制改革実現への期待
・NYダウは上昇(24504.80、+118.77)
・シカゴ日経225先物(22850、+10)
・ドル円、1ドル113円50-60銭
・マザーズ指数は上昇、(1181.62、+2.58)
・半導体装置の世界出荷額、17年ぶり最高


・川重<7012>、AIで故障特定、産業用ガスタービン、迅速な復旧支援
・東電力HD<9501>、「カイゼン」拡大、コスト構造分析、工事工程見直し、取引先と原価低減


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・10:10  国債買い入れオペ(残存期間1年超5年以下と5年超10年以下)(日本銀行)

<海外>
・特になし

《HT》

 提供:フィスコ

日経平均