市場ニュース

戻る

【市況】トレードマスターラボの日経先物大作戦 (11月17日)

トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己

「ブル相場復活か!?」

 16日の米株式市場は、急反発して終了。

 海外投資家は、現物と先物の合計で2ヵ月ぶりに売り越しに転じている。しかし、昨日の東京株式市場は大きく反発。前日まで今年最長の続落となっていた反動もあり買いが広がったのか、300円を超える上げ幅となった。

 日経先物は、ナイトセッションでも日中の動きを引き継ぎ、2万2560円をいったんの高値とし、米株式市場が始まった後からも押しは入るものの買い支えの動きとなり、直近戻り高値を更新している。

 日経平均の予想レンジは2万2350-2万2750円。

 本日の日経先物は、2万2500円台で寄り付くことが想定され、上値は2万2620円を回復維持できれば2万2680円を示現、下値は2万2420円を割り込むと2万2380-2万2350円を示現する可能性。

【今日の独り言】

 昨日の値動きも想定外となり、日経平均株価は上げ幅が300円を超える2万2351円、日経先物は2万2410円と高値引け。

 おかしな動き、乱高下に翻弄されています。昨日から売り確定!?とも思っていたのに、あの買いの強さ。なんなんだ!?状態です。

 後で見返すチャートは超簡単ですが、リアルなチャート判断はめちゃくちゃ難しい。

 今日も日経平均株価は大幅に買われるでしょう。また私の嫌いなブル相場となるのか!?

◆トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己
2017年4月トレードマスターラボ株式会社設立。株式会社みんかぶ運営の「トレードマスター225」では「トレードマスターM」の名前でメインMCとして登場している。

株探ニュース

日経平均