市場ニュース

戻る
2017年11月10日09時50分

【材料】翻訳センターは小動き、18年3月期業績予想を上方修正も反応限定的

翻訳センター <日足> 「株探」多機能チャートより
 翻訳センター<2483>は小動き。9日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想について、売上高を103億円から106億円(前期比3.7%増)へ、営業利益を7億5000万円から7億8000万円(同11.8%増)へ、純利益を5億2000万円から5億3000万円(同19.2%増)へ上方修正したが市場の反応は限定的のようだ。

 上方修正は、主力の翻訳事業が医薬分野や特許分野を中心に堅調に推移していることに加えて、メディア総合研究所の全株式を取得し子会社化することなどが貢献するという。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高49億300万円(前年同期比1.3%減)、営業利益2億8100万円(同17.5%減)、純利益2億300万円(同10.1%減)だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均