市場ニュース

戻る

【市況】トレードマスターラボの日経先物大作戦 (11月1日)

トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己

 米国株式市場は、モンデリーズ・インターナショナル(MDLZ.O)やケロッグ(K.N)などの消費者関連株が決算を受けて大幅高となったほか、ハイテク株も上伸した。

 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが小幅高。朝方発表された一連の堅調な米経済指標を受けて上昇したものの、引けは伸び悩んだ。

 本日の日経先物は2万2100円台で寄り付くことが想定され、上値は2万2230円を持続的に回復維持できれば2万2290円を示現、下値は2万2070円を割り込むと2万2040円を示現する可能性。

【今日の独り言】
 日経先物は、昨晩ナイトセッションでも何でこんなに強いのか、正直全く意味わからん!

 今週のレンジ予想の高値であった2万2250円は今日にでも来るんかなぁ。

 戻り売り目線継続している私にとっては、仕掛けができるからラッキーなのかなぁ。

◆トレードマスターラボ株式会社 代表取締役社長 堀田勝己
2017年4月トレードマスターラボ株式会社設立。株式会社みんかぶ運営の「トレードマスター225」では「トレードマスターM」の名前でメインMCとして登場している。

株探ニュース

日経平均