市場ニュース

戻る
2017年10月19日11時38分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:セゾン情報、東芝機、KLab

セゾン情報 <日足> 「株探」多機能チャートより
■セゾン情報システムズ <9640>  2,060円  +400 円 (+24.1%) ストップ高   11:30現在
 18日、セゾン情報 <9640> [JQ]が18年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の19.7億円→26.9億円に36.2%上方修正。増益率が20.1%増→63.6%増に拡大し、6期ぶりに上期最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。クレジットカード向けシステム開発や情報処理サービスが想定より伸びたことが寄与。コスト削減に加え、販管費の一部が下期以降へずれ込むことも上振れの要因となった。なお、通期の経常利益は従来予想の39.5億円(前期は31.7億円)を据え置いた。

■東芝機械 <6104>  686円  +41 円 (+6.4%)  11:30現在  東証1部 上昇率7位
 東芝機械 <6104> が急反発し、年初来高値を更新した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日付で同社の投資判断「オーバーウエート(強気)」を継続し、目標株価を510円→750円に引き上げたことが買い材料視された。リポートでは、中国などでのEV市場拡大によるLiB(リチウムイオン二次電池)セパレーター用押出成形機の需要増加を主因に2桁増益が継続すると予想。同社は工作機械セクター内で数少ないEV市場拡大の恩恵を受ける銘柄として、相対的に評価が高まると考えている。また、株価バリュエーションにも割安感があると指摘している。

■KLab <3656>  1,819円  +87 円 (+5.0%)  11:30現在
 KLab<3656>が反発している。同社は18日、月・地球でのロボットの高精度遠隔操縦に向け、ゲームなどのIT技術のアプローチでその実現を目指すハッカソンを開催すると発表。これが株価を刺激しているようだ。「月探査ハッカソン」は、宇宙科学研究者の中で検討が進められている月面の縦孔探査計画「UZUME」で、科学探査を遠隔操作ロボットで行う際の課題解決を目指すもの。同社と宇宙航空研究開発機構(JAXA)がタッグを組み、産業技術総合研究所の知能システム研究部門などの協力のもと11月11~12日にかけて開催される。

■ケーヒン <7251>  2,018円  +34 円 (+1.7%)  11:30現在
 ケーヒン<7251>が続伸。25日移動平均線をサポートラインとする上昇波動を続けている。ホンダ系気化器メーカーで18年3月期営業利益は2ケタ減益見通しにあるが、PERやPBRなど株価指標面から割安感があることがポイント。18日付でSMBC日興証券は同社の投資評価「2」継続で目標株価1600円から1900円に引き上げている。先行投資負担はあるものの、日本、中国、アジア地域の需要好調で18年3月期の業績見通しも上方修正、営業利益は従来予想の200億円から前期比4%減の220億円(会社側予想は200億円)に増額している。

■くらコーポレーション <2695>  5,310円  +80 円 (+1.5%)  11:30現在
 くらコーポレーション<2695>はしっかり。18日の取引終了後、従来は20円を予定していた17年10月期の期末一括配当について、10円増額して30円にすると発表しており、これを好感した買いが入っている。連結財務状況や業績などを総合的に勘案したという。なお、前期実績の20円に対しては10円の増配になる予定だ。

■ジェイエイシ <2124>  1,972円  +27 円 (+1.4%)  11:30現在
 JAC Recruitment<2124>が買い優勢。同社が18日取引終了後に発表した9月の月次売上高は前年同月比24.5%増と高水準の伸びを維持した。これを評価する買いが先行している。年初来高値をつけた7月20日以来3カ月ぶりの2000円大台復帰を視界にとらえている。

■日産自動車 <7201>  1,096.5円  +9.5 円 (+0.9%)  11:30現在
 日産自動車<7201>やホンダ<7267>、SUBARU<7270>など自動車株が高い。為替市場で一時1ドル=113円台への円安が進行したことから為替感応度の高い自動車株に見直し買いが流入している。ホンダの場合、今期の想定為替レートを107円に置いており、足もとの円安は業績の追い風に働く。トヨタ自動車<7203>は朝方に一時、今年1月以来となる7000円を回復している。

■戸田建設 <1860>  872円  -16 円 (-1.8%)  11:30現在
 戸田建設<1860>が続落。18日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績について、営業利益が従来予想の90億円から124億円(前年同期比2.2%増)へ、純利益が67億円から103億円(同10.1%減)へ上振れたようだと発表したが、株価は直近で上昇していただけに、目先の材料出尽くし感から利益確定売りが出ているようだ。売上高は従来予想の1870億円に対して1845億円(同9.6%減)で着地とほぼ計画通りだったものの、建設事業の利益率の向上で完成工事総利益が計画を上回ったことが利益を押し上げたとしている。

■ロゼッタ <6182>  1,599円  +300 円 (+23.1%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ロゼッタ <6182> [東証M]が買い気配スタート。同社は18日、機械翻訳の開発において飛躍的なブレークスルーが発生したと発表しており、これを好材料視する買いが殺到している。開発中の最新翻訳機モデルが医学や化学など数種類の分野の英日翻訳で“精度95%”に到達した。精度95%とは、ほぼ人間に匹敵する精度として同社が2025年までの到達目標に設定していた水準で、「プロの専門翻訳者以下、非専門翻訳者以上」のレベル。これを受け、同社はこの精度をすべての主要分野にも適用することをめざし、開発先行投資の大幅増額を行う。開発費の増加などを踏まえ、18年2月期の連結経常利益を従来予想の3億3000万円→5000万円に84.8%下方修正し、一転して78.6%減益見通しとなった。

■和井田製作所 <6158>  869円  +150 円 (+20.9%) ストップ高   11:30現在
 和井田製作所<6158>がストップ高カイ気配。10月6日の年初来高値839円を大きく上回ってきた。軽量材料株のシンボルストックとして短期資金の注目度が高い。切削工具と研削盤分野で高い商品競争力を持っており、そのナノ・ミクロン単位に特化した技術に定評がある。株価は10月初旬に急騰後、押しを入れていたが、700円近辺は調整一巡感があり、一気に買い直される格好となった。

■明治海運 <9115>  517円  +80 円 (+18.3%) ストップ高   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 明治海運<9115>が大幅反発。鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数の回復が顕著だ。前日18日は11日ぶりに反落したものの、14年3月以来約3年半ぶりの高値水準に達しており、株価連動性の高い同社株に追い風となっている。また、同社はホテル関連事業や不動産賃貸事業に展開し、インバウンド関連の一角として見直し買いを集めている面もあるようだ。さらに、保育園事業として「くじら保育園」を運営、自民党の選挙公約である教育無償化で恩恵を受ける点も注目材料となっている。

■キャピタルA <3965>  2,888円  +402 円 (+16.2%)  11:30現在
 キャピタル・アセット・プランニング<3965>が続急伸。大和証券が18日付で、投資判断を新規に「1」、目標株価3000円でカバレッジを開始しており、これを好材料視した買いが入っている。同社は、金融機関の営業員が容易に利用可能なフロントシステム開発を得意とする独立系SI。大相続時代を迎え、申し込みペーパーレスシステムで生保向けシェア拡大が期待できるとして、17年9月期を前期比40.3%増収、同25.0%営業増益と高い伸びを予想。また、18年9月期も生保販売のペーパーレスシステム開発、18年4月予定の標準寿命表改定に伴うシステム更改、証券会社向けファンドラップシステム開発などを見込み、14.5%増収、38.7営業増益と高い営業増益を予想している。

■eBASE <3835>  1,460円  +153 円 (+11.7%)  11:30現在
 18日、eBASE <3835> [東証2]が18年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の2.6億円→3.7億円に43.1%上方修正。従来の5.8%減益予想から一転して34.8%増益を見込み、3期連続で上期最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。主力の商品情報管理ソフト販売で下期に見込んでいた複数の大型案件が前倒しで売上計上となったことに加え、経費が想定を下回ったことが寄与した。稼働工数の増加や単価上昇などで受託開発事業の採算が改善したことも上振れに貢献した。なお、通期の経常利益は従来予想の8.3億円(前期は8.1億円)を据え置いた。

●ストップ高銘柄
 旭化学工業 <7928>  865円  +150 円 (+21.0%) ストップ高   11:30現在
 サンユウ <5697>  897円  +150 円 (+20.1%) ストップ高買い気配   11:30現在
 ウォンテッドリー <3991>  5,160円  +700 円 (+15.7%) ストップ高   11:30現在
 など、7銘柄

●ストップ安銘柄
 ETFS商品 <1684>  820円  0 円 (0.0%) ストップ安   11:30現在
 以上、1銘柄

株探ニュース

日経平均