市場ニュース

戻る
2017年05月17日17時38分

【特集】均衡表【買いシグナル】低PER 11社選出 <テクニカル特集> 5月17日版

ANAHD <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより
 17日の東京株式市場は、取引時間中に為替が1ドル=112円台前半まで円高が進行したことが投資家心理を悪化させ利益確定売りを誘発した。日経平均株価は前日比104円安の1万9814円と反落。東証1部の値上がり銘柄数は630、値下がり銘柄数は1287、変わらずは98。

 本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」と割安・割高感を示す株価指標「PER」に注目。
 東証1部において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い、「3役好転」銘柄 31社の中から予想PERが東証1部平均 15.6倍を下回る上値余地のあるとみられる 11社を選び出しました。

 ⇒⇒ 2部・新興市場を含めた全銘柄版「一目均衡表・3役好転」も、併せてご活用ください。


    銘柄名     PER PBR
<1909> 日本ドライ    7.0  0.80
<1719> 安藤ハザマ    7.5  1.50
<1861> 熊谷組      7.9  1.43
<9014> 新京成      9.4  0.62
<9202> ANAHD    9.7  1.33

<9932> 杉本商      10.5  0.62
<7561> ハークスレイ   10.7  0.54
<9882> イエロハット   11.0  0.92
<2374> セントケア    11.2  1.54
<4975> JCU      12.0  2.80

<6298> ワイエイシイ   13.4  0.97


※当情報は参考資料・データとして提供しております。売買に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

株探ニュース

日経平均