市場ニュース

戻る
2017年03月07日10時35分

【通貨】外為サマリー:1ドル114円00銭前後で堅調推移、ユーロは軟調地合いに

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 7日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時過ぎ時点で1ドル=114円02銭前後と前日午後5時時点に比べ20銭強のドル高・円安で推移している。

 ドル円相場は114円00銭前後で堅調推移。日経平均株価は続落して取引されているが、米10年債利回りは時間外取引で、2.5%近辺の水準で推移しており、ドル買い・円売りが優勢となっている。米国の3月利上げを市場は織り込みつつあるが、市場には年4回利上げを予想する見方も出ており、依然、米国の金融政策が市場の関心を集めている。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0574ドル前後と同0.0020ドル強のユーロ安・ドル高。対円では1ユーロ=120円57銭前後と同3銭前後のユーロ安・円高で推移している。フランス大統領選に関して、元首相のジュペ氏が出馬を否定した、との報道が流れ極右政党・国民戦線のルペン氏が有利になるとの観測から、ユーロは軟調に推移している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均