市場ニュース

戻る
2017年02月24日09時35分

【市況】日経平均は139円安でスタート、メガバンクやソフトバンクGがさえない/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19232.11 (-139.35)
TOPIX  : 1547.08 (-9.17)

[寄り付き概況]

 売り優勢の展開。23日の米国市場ではNYダウが10営業日続伸となった。減税策への期待等が引き続き買い材料になっている。ただ、3月利上げ観測が高まるなか上値も重く、ナスダックは下落。シカゴ日経225先物清算値は大阪比75円安の19285円と19300円を下回っており、これにサヤ寄せする格好となった。

 セクターではガラス土石、鉄鋼、保険、機械、非鉄金属、小売、金属製品、証券、化学、水産農林が冴えない。一方で空運、鉱業が小じっかり。売買代金上位では東芝<6502>、JMC<5704>、レノバ<9519>、モバファク<3912>、明治HD<2269>が堅調。半面、メガバンク3行のほか、ソフトバンクG<9984>、コマツ<6301>が冴えない。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均