市場ニュース

戻る
2017年02月23日08時44分

【市況】23日の株式相場見通し=円相場にらみで小幅な値動きに

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 23日の東京株式市場は、引き続き手掛かり材料難のなか、外国為替市場での円相場の推移をにらみながらの神経質な推移となりそうだ。また、米株式市場でNYダウ平均株価が22日まで9日続伸と、昇を継続しているのと比較して日経平均株価がもたついていることへの不信感もあるようだ。23日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=113円30銭台での推移となっている。

 22日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比32.60ドル高の2万775.60ドルと9日続伸し、9日連続で過去最高値を更新した。連日の過去最高値更新で過熱感が意識され、朝方は売りが先行したものの、欧州委員会が近く同業ダウ・ケミカルとの合併計画を承認すると報じられたことで化学株デュポンの株価が大幅に上昇し指数を押し上げた。ナスダック総合株価指数は、前日比5.323ポイント安の5860.626と3日ぶりに反落した。

 日程面では、再生可能エネルギー発電事業、再生可能エネルギー開発・運営事業を手掛けるレノバ<9519>、東京23区を中心とした首都圏で、鶏料理居酒屋「てけてけ」、和食「心」など直営方式による運営を手掛けるユナイテッド&コレクティブ<3557>が東証マザーズに、ダイレクトマーケティング事業を展開するフュージョン<3977>が札証アンビシャスにそれぞれ新規上場する。

 このほかに、2月の月例経済報告、1月の企業向けサービス価格指数に注目。海外では、米1月のシカゴ連銀全米活動指数、米12月のFHFA住宅価格指数が焦点になる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均