市場ニュース

戻る
2017年02月22日12時30分

【材料】安江工務店が一時ストップ高、直近IPO株で物色の矛先向かう

安江工務店 <日足> 「株探」多機能チャートより
 安江工務店<1439>が一時ストップ高と急騰。値の軽い直近IPO銘柄として物色の矛先が向かっている。愛知県を地盤に住宅リフォームや新築注文住宅の建設、不動産流通事業などを手掛けており、10日にジャスダック市場と名証2部に新規上場した。株価は公開価格(1250円)から約80%上昇しているが、連結PERは13倍程度と依然、割安感がある。

 あすは、再生可能エネルギー発電事業を手掛けるレノバ<9519>と鶏料理居酒屋「てけてけ」などの運営を行うユナイテッド&コレクティブ<3557>がともに東証マザーズに、ダイレクトマーケティング事業を手掛けるフュージョン<3977>が札証アンビシャスに新規上場を予定しており、IPO銘柄に関心が向かうとの期待も出ている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均