市場ニュース

戻る
2017年02月22日09時07分

【材料】国際帝石、石油資源など買われる、WTI原油先物価格が2カ月ぶり高値水準に

国際石開帝石 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>など原油関連セクターが買い優勢の展開。前日の米国株市場ではNYダウが大幅高となり8日連続で最高値を更新したが、減産期待を背景とした原油市況高を背景にシェブロンやエクソン・モービルなどのエネルギー関連株が上昇して全体相場に貢献した。前日のWTI原油先物価格は続伸し、終値ベースでは昨年12月28日以来となる1バレル=54ドル台に上昇、これが追い風となり、東京市場でも原油高が収益メリットにつながる銘柄群に物色の矛先が向いている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均