市場ニュース

戻る
2017年02月20日09時12分

【材料】富士重など自動車株に売り先行、1ドル=112円台への円高進行嫌気

富士重 <日足> 「株探」多機能チャートより
 富士重工業<7270>、ホンダ<7267>、トヨタ自動車<7203>など自動車株に売りが先行している。前週末の米国株市場はNYダウをはじめ主要3指数が過去最高値を更新したものの上値が重くなっており、トランプ相場も足もとはやや買い疲れ感がみられる。そうしたなか、米国長期金利は足もと低下基調にあり、これを映して外国為替市場では1ドル=112円台80銭近辺の推移と円高ドル安に振れている。為替感応度の高い自動車セクターは輸出採算改善に対する期待が後退していることから、目先筋の売りを誘発している状況にある。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均