市場ニュース

戻る
2017年02月19日09時00分

【注目】今週の「妙味株」一本釣り! ─ ニチアス

ニチアス <日足> 「株探」多機能チャートより

●ニチアス <5393>  【目標株価】1400円(17日終値1099円)

「今期業績は再増額修正も」

 ニチアス <5393> に注目したい。同社の17年3月期第3四半期累計(16年4-12月)の連結営業利益は、前期比44%増の142億8500万円と大幅増益だった。建材事業が黒字転換したほか、フッ素樹脂製品が半導体製造装置向けに伸びた。同社は中間決算時に17年3月期業績予想を増額修正し営業利益は173億円を見込んでいる。進捗率は82%に達しており、市場には今3月期営業利益は190億円前後への再増額観測が出ている。

 株価は高値圏で推移しているが、会社予想ベースの連結PERで13倍前後。増額修正を視野に入れれば割安感は顕著だ。今来期にかけて増配観測もある。半導体関連人気にも乗り、株価は一段の上値追いが見込める。

●大同工業 <6373>  【目標株価】340円(17日終値280円)

「通期利益上方修正も株価指標は割安水準」

 大同工業 <6373> は二輪車用チェーンの国内トップで、四輪用でも北米市場を中心に積極展開を図っている。同社は1月31日、17年3月期通期の利益上方修正を発表した。売上高は従来予想の442億円を435億円(前期比4.0%減)と減額したものの、経常利益は25億円を30億円(同29.0%増)へ増額した。

 北米および欧州向けに付加価値の高い製品の受注が好調に推移していることに加え、海外の生産拠点での原価管理の徹底などにより、利益改善が進んでいることが寄与している。増額された通期経常利益予想30億円に対する第3四半期累計(16年4-12月)の経常利益25億5600万円の進捗率は85.2%に達しており、再上方修正の可能性もある。

 株価は昨年秋以降、下値切り上げ型で順調な上昇軌道を維持している。ただ、PER8倍台、PBR0.6倍台と株価指標面では依然として極めて割安な水準で、今後もジリ高歩調となりそうだ。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均