市場ニュース

戻る
2017年02月17日07時05分

【市況】16日のNY市場はまちまち

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 20619.77 (+7.91)
NASDAQ  : 5814.90 (-4.54)
CME225  : 19270 (-60(大証比))

[NY市場データ]

16日のNY市場はまちまち。ダウ平均は7.91ドル高の20619.77、ナスダックは4.54ポイント安の5814.90で取引を終了した。1月住宅着工・建設許可件数が予想を上振れたほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したことが好感され、買いが先行。トランプ政権が発表する減税策への期待が高まるなか、S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数が5営業日連続で最高値を更新しており、利益確定の動きから、上値の重い展開となった。セクター別では、公益事業や保険が上昇する一方でエネルギーや耐久消費財・アパレルが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比60円安の19270円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、富士重<7270>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル113.24)で全般冴えない。

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均