市場ニュース

戻る
2017年02月16日10時44分

【経済】(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、流動性供給などが支援材料

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

16日の上海総合指数は売り先行。前日比0.08%安の3210.36ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.04%高の3214.38ptで推移している。中国人民銀行(中央銀行)による流動性供給が支援材料。人民銀は15日引け後、「中期流動性ファシリティ(MLF)」を通じ、国内の22金融機関に計3935億人民元を供給したと発表した。また、政策期待が根強いことも引き続き好感されている。

《ZN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均