市場ニュース

戻る
2017年01月26日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 バルカー、日立化成、KHネオケム (25日大引け後 発表分)

バルカー <日足> 「株探」多機能チャートより

※4-12月期決算発表の集中期間(1月25日~2月14日)は、“特別体制”で
  ・本日の【サプライズ決算】速報  <16時>
  ・本日の【サプライズ決算】続報  <18時>
  ・本日の【イチオシ決算】     <21時>
   に配信します。


 25日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 バルカー <7995>   ★今期経常を16%上方修正、配当も15円増額
 ◆17年3月期の連結経常利益を従来予想の31億円→36億円に16.1%上方修正。増益率が1.4%増→17.7%増に拡大する見通しとなった。半導体装置向け樹脂製品やシリコンウエハーリサイクルの販売が好調で、売上が計画を上回ることが利益を押し上げる。
  併せて、創業90周年記念配当15円を実施する形で、今期の期末配当を従来計画の30円→45円(前期は5→1の株式併合前で6円)に増額修正した。期末配当利回りが2.89%に上昇し、配当取りを狙う買いが期待される。

 ● サプライズな決算発表・業績修正

 KHネオケム <4189>   ★前期最高益予想を19%上乗せ、配当も3.5円増額
 ◆16年12月期の連結経常利益を従来予想の75億円→89億円に18.7%上方修正。増益率が18.5%増→40.7%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。冷凍機油原料を中心に機能性化学品材料の販売が想定より伸びたことが寄与。昨年11月以降の円安による採算改善も利益を押し上げた。
  併せて、東証1部上場記念配当3.5円を実施する形で、期末一括配当を従来計画の46.5円→50円に増額修正した。

 日立化成 <4217>   ★今期税引き前を一転2%増益に上方修正
 ◆17年3月期の連結税引き前利益を従来予想の490億円→545億円に11.2%上方修正。従来の10.9%減益予想から一転して1.5%増益見通しとなった。スマートフォン向け半導体用材料などのエレクトロニクス関連製品が想定より伸びることが寄与。円安による収益押し上げ効果に加え、イタリア鉛蓄電池メーカーの買収効果も上振れに貢献する。なお、下期の想定レートを1ドル=100円→110円に見直した。

 沖電線 <5815>   ★10-12月期(3Q)経常は2.4倍増益
 ◆17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比4.3%減の5.1億円で着地。ただ、直近四半期の実績である10-12月期(3Q)の同利益は2.4倍の2.7億円に急拡大した。産業機械向けワイヤーハーネスやフレキシブル基板の販売が伸びたことが寄与。銅・亜鉛価格の下落で仕入コストが減少し、採算が大きく改善したことも利益拡大に貢献した。4-12月期実績の通期計画5.9億円に対する進捗率は86.6%に達しており、通期業績の上振れが期待される。

 三谷産業 <8285>   ★4-12月期(3Q累計)経常が65%増益で着地
 ◆17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比64.8%増の13.7億円に拡大して着地。車載用樹脂成形品の販売が伸びた樹脂・エレクトロニクス関連事業が収益を牽引した。持分法投資利益が増加したことも利益を大きく押し上げた。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均