市場ニュース

戻る
2017年01月17日08時44分

【市況】17日の株式相場見通し=海外イベントを前に買い手控えで軟調

 17日の東京株式市場は、外国為替市場での円高・ドル安進行懸念に加え、20日のトランプ次期米大統領の就任式を前にして、買い手控え姿勢が続きそうだ。16日の米株式市場は、キング牧師誕生日の祝日で休場となったことから、手掛かり材料に乏しい面もある。

 また、英国の「強硬離脱(ハードブレグジッド)」懸念が強まっていることもマイナス材料となり、日経平均株価は1万9000円を巡る攻防となる可能性もある。17日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=114円10銭台での推移となっている。

 日程面では、16年12月と16年年間の訪日外国人客数、16年の訪日外国人消費動向調査に注目。海外では、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議~20日)、米1月のNY連銀製造業景況指数が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均