市場ニュース

戻る
2017年01月16日09時07分

【材料】三井松島が3日ぶり反発、マスクブランクス成膜加工のクリーンサアフェイス技術を買収

三井松島 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三井松島産業<1518>が3日ぶりに反発している。前週末13日の取引終了後、液晶パネルや半導体向けフォトマスクの原材料であるマスクブランクスの成膜加工を手掛けるクリーンサアフェイス技術(神奈川県・寒川町)の全株式を40億円で取得し、2月1日付で100%子会社化すると発表しており、業績への寄与を期待した買いが入っている。

 クリーンサアフェイス技術は、特に超大型液晶用・有機ELディスプレー(OLED)用マスクブランクスで独占的な地位を確保している企業。今回の買収により、三井松島グループは石炭生産分野以外での新たな事業の柱の一つとして、積極的に同事業の育成・強化を進めるとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均