市場ニュース

戻る
2016年12月01日08時23分

【市況】原油高や円安好感で戻り高値更新もこう着感脱せずか/オープニングコメント

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 1日の日本株市場は買い先行の展開になろう。OPEC(石油輸出国機構)総会での減産合意を受けて原油相場が大幅上昇したほか、外国為替市場で円相場が1ドル114円台の円安が好感される。シカゴ日経225先物清算値は大阪比235円高の18615円となり、これにサヤ寄せする格好から、日経平均は戻り高値を更新してくることになりそうだ。

 米国では11月ADP雇用報告や個人所得が予想を上振れたことで、11月雇用統計への期待が強まったほか、12月利上げを後押しする格好となる。円安基調が強まることから、輸出関連などがけん引することになろう。また、インデックス主導のなか、指数インパクトの大きい値がさ株の動向も注目される。

 一方で、武田薬<4502>によるカナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルの胃腸薬事業買収に関する交渉が破談になったことが明らかになったと報じられている。米国では医薬品・バイオテクノロジーセクターが軟調となっており、上値の重しになりそうだ。

 また、原油相場の上昇も50ドルに届かなかったことから、買い一巡後は出尽くし感につながる可能性がある。そのため、戻り高値更新後はこう着感が強まりそうだ。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均