市場ニュース

戻る
2016年11月30日09時17分

【材料】エボラブルAが大幅反発、東証1部市場変更へ向け主要株主の株式売却

エボラブルA 【日足】
多機能チャートへ
エボラブルA 【日中足】

 29日、エボラブルアジア <6191> [東証M]が東証1部への市場変更へ向けた流動性向上を目的に、主要株主の株式を売却したと発表したことが買い材料視された。

 今回株式を売却したのは大石崇徳会長と吉村ホールディングスが保有する株式72万株(発行済み株式数の4.3%)で、29日付で市場外で売却した。同社は17年9月期中に東証1部へ市場変更することを目指している。

 発表を受けて、東証1部への市場変更の早期実現を期待する買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均