市場ニュース

戻る
2016年11月29日11時48分

【材料】日米ともに本格化する年末商戦で注目される銘柄は、SMBC日興証券(花田浩菜)

スタートトゥ <日足> 「株探」多機能チャートより

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

今年もあっという間にあと1ヶ月余りとなりましたね。
この時期日米両国で本格化する年末商戦について、11/26付けの「Daily Outlook」にレポートが掲載されていますので、ご紹介します。

『米国では感謝祭(11/24)を皮切りに、ブラックフライデー(黒字の金曜日:11/25)やサイバーマンデー(ネット通販のセールが開始する感謝祭明けの月曜日:11/28)など年末商戦が本格的に始まった』ようです。
同レポートによると、全米小売業協会(NRF)は『今年の年末商戦の売上高予想を前年比3.6%増の6,558億ドル』としているとのこと。
『サイバーマンデーでのネット通販利用者数は1億2200万人』にのぼり、『アマゾンではセール開始数時間で昨年を上回る10万個超のおもちゃの注文を受けたと発表している』と、同レポートは伝えています。

一方日本においても『イオンがブラックフライデーを導入するなどクリスマス前のイベントとして年末商戦に注力し始めた』ということで、『安倍首相による4年連続の賃上げ要請や株高などで消費者マインドが変化し、デフレ脱却・消費活発化となり、今年の年末商戦では財布の紐が緩みやすいと期待できよう』と分析しています。

そして、『日米の消費拡大に伴い恩恵を受けると考えられる主な銘柄』として、スタートトゥデイ<3092>やポーラ・オルビスHD<4927>など10社をピックアップして紹介していますので、よろしければご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均