市場ニュース

戻る
2016年11月29日07時30分

【注目】今朝の注目ニュース! ★ヨシムラHD、航空電子、因幡電産などに注目!

航空電子 <日足> 「株探」多機能チャートより
★は本日の株価動向が特に注目されるニュース銘柄!
この他の注目ニュースは本日の「朝刊」ニュース銘柄でご確認下さい。

 本日、株価の動向が注目されるのは、株主優待の対象範囲を500株以上→100株以上に広げるヨシムラHD <2884> [東証M]、NECが1株1920円でTOBを実施する航空電子 <6807> 、発行済み株式数の1.1%にあたる30万株を上限に自社株買いを実施する因幡電産 <9934> など。

 【好材料】  ――――――――――――

★★ヨシムラ・フード・ホールディングス <2884> [東証M]
株主優待制度を拡充。優待の対象範囲を500株以上→100株以上に広げる。毎年2月末時点で100株以上500株未満を保有する株主に、1200円相当の自社グループ製品を贈呈する。

★★日本航空電子工業 <6807>
NEC <6701> がTOB(株式公開買い付け)を実施し、子会社化を目指す。TOB価格は1株1920円で28日終値を23.1%上回る水準。買い付け期間は11月29日から17年1月17日まで。

★因幡電機産業 <9934>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.1%にあたる30万株(金額で10億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月1日から12月22日まで。

国際石油開発帝石 <1605>
シンガポールに金融子会社を設立。

ダイドードリンコ <2590>
2-10月期(3Q累計)経常は20%増益で着地。持分法適用会社・上海米源飲料の全出資持分を売却したことに伴い、売却益4.3億円を特別利益に計上。

パレモ <2778> [JQ]
11月既存店売上高は前年同月比8.7%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。

マーチャント・バンカーズ <3121> [東証2]
商業施設の管理運営を手掛けるCSI社の全株式を取得することについて検討を開始。

カネヨウ <3209> [東証2]
第3四半期に関係会社株式売却益2900万円を特別利益に計上する。

ディア・ライフ <3245>
東京都板橋区のマンション開発用地を取得。18年9月期の売上の一部を想定している。

パルマ <3461> [東証M]
東京・田無駅周辺にセルフストレージ開発用地を取得。予定売却価格は16年9月期売上高の10%以上。

クスリのアオキホールディングス <3549>
11月既存店売上高は前年同月比3.1%増と、今期に入り6ヵ月連続で前年実績を上回った。

日立化成 <4217>
イタリアのフィアム社が分割する自動車用・産業用鉛蓄電池事業を引き継ぐ新会社フィアム・エナジー・テクロノジーの株式51.0%を取得し子会社化する。株式取得額は約98億円。

参天製薬 <4536>
非感染性後眼部ぶどう膜炎を対象とした「オプシリア」の第3相試験で、眼内炎症を効果的かつ安全に抑えることが示された。このデータに基づいて米国食品医薬品局(FDA)に新薬承認申請を行う。

医学生物学研究所 <4557> [JQ]
赤字が続いている子会社、食の科学舎とGEL-Designの事業を売却し、両社を解散する。

CIJ <4826>
発行済み株式数(自社株を除く)の0.85%にあたる15万株(金額で7710万円)を上限に、29日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は28日終値の514円)を実施する。

横河ブリッジホールディングス <5911>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.43%にあたる60万株(金額で7億8120万円)を上限に、29日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は28日終値の1302円)を実施する。

エボラブルアジア <6191> [東証M]
移動管理システムを提供するモバイルクリエイト <3669> に対して、ベトナムのITオフショア開発ソリューションを提供開始。

RVH <6786> [東証2]
子会社のリアルビジョンが創薬系ソフト開発販売のワールドフュージョンと、口腔内細菌解析キットの販売で業務提携。

リンテック <7966>
粘着製品の加工・販売を手掛ける英Lintec Graphic Filmsの全株式を取得し子会社化する。株式取得額は約10億円。

イトーキ <7972>
シンガポール内装工事会社Tarkus Interior社の株式80%を取得し子会社化する。

 【悪材料】  ――――――――――――

JFEシステムズ <4832> [東証2]
今期最終を一転8%減益に下方修正。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

東和フードサービス <3329> [JQ]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.1%にあたる4万1000株(金額で9000万円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月1日から17年1月31日まで。一方、上期経常は一転32%減益で下振れ着地した。

※★は上昇・下落の確率を示すものではありません。11月28日大引け後の発表分の開示情報、プレスリリースなどを一部抜粋。
[2016年11月29日]

株探ニュース

日経平均