市場ニュース

戻る
2016年11月14日15時33分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(2):SUMCO、平田機工、郵船

SUMCO <日足> 「株探」多機能チャートより
■太平電業 <1968>  1,094円  +89 円 (+8.9%)  本日終値
 11日に決算を発表。「7-9月期(2Q)経常は92%増益」が好感された。太平電業 <1968> が11月11日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比1.3%減の31.5億円となり、通期計画の56億円に対する進捗率は56.3%に達し、5年平均の41.7%も上回った。
  ⇒⇒太平電業の詳しい業績推移表を見る

■長谷川香料 <4958>  2,004円  +142 円 (+7.6%)  本日終値
 11日、長谷川香料 <4958> が決算を発表。16年9月期の連結経常利益は前の期比6.4%増の51.6億円と、従来予想の46.4億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地。続く17年9月期も前期比12.9%増の58.3億円に伸びる見通しとなったことが買い材料。前期は国内や米国向け食品香料の販売が好調だったほか、原価低減や販管費の減少が寄与し増益を確保した。今期は国内シェア拡大や、アジア・米国の業績拡大で、3期連続の増収を見込む。業績好調に伴い、前期の年間配当を30円→32円(前の期は30円)に増額し、今期も32円を継続する方針としたことも支援材料。

■フェローテック <6890>  1,250円  +87 円 (+7.5%)  本日終値
 11日に決算を発表。「今期経常を12%上方修正」が好感された。フェローテック <6890> [JQ] が11月11日大引け後(15:30)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比11.6%増の21億円に伸び、従来の7.8%減益予想から一転して増益で着地。併せて、通期の同利益を従来予想の42億円→47億円(前期は38.2億円)に11.9%上方修正し、増益率が9.9%増→23.0%増に拡大する見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の30億円→29億円(前期は21.6億円)に3.3%下方修正し、増益率が38.8%増→34.1%増に縮小する見通しとなった。
  ⇒⇒フェローテックの詳しい業績推移表を見る

■SUMCO <3436>  1,279円  +87 円 (+7.3%)  本日終値
 SUMCO<3436>が急伸し新高値に買われた。ドイツ証券は11日、同社株の投資評価を「ホールド」から「バイ」に引き上げた。目標株価は850円から1400円に見直している。同証券では、「17年から300ミリウエハの値上げが始まる」と予想。これに伴い、17年12月期の連結営業利益は275億円(今期予想は127億円)、18年12月期は同468億円と市場コンセンサス(17年12月期177億円、18年12月期259億円)を大きく上回ると試算している。

■朝日インテック <7747>  4,555円  +300 円 (+7.1%)  本日終値
 11日、朝日インテック <7747> [東証2]が富士機械製造 <6134> と資本業務提携することで合意したと発表したことが買い材料視された。業務面では、カテーテル治療分野の次世代医療機器を共同開発する。資本面では17年3月末までに富士機械製造が5億円を目安に同社株を取得する。

■平田機工 <6258>  7,110円  +460 円 (+6.9%)  本日終値
 11日、平田機工 <6258> [JQ]が17年3月期の連結経常利益を従来予想の35億円→45億円に28.6%上方修正。増益率が23.9%増→59.3%増に拡大し、9期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。有機EL関連の生産設備、北米向け自動車のパワートレイン関連設備の受注が好調で、売上が計画を16.7%も上回ることが利益を押し上げる。業績上振れに伴い、期末一括配当を従来計画の30円→60円(前期は30円)に大幅増額修正したことも買いに拍車を掛けた。

■日本郵船 <9101>  205円  +13 円 (+6.8%)  本日終値
 日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など大手をはじめ海運株が軒並み高に買われ、業種別値上がり率で33業種中トップとなった。鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数が、中国景気減速への懸念が後退していることなどを背景に戻り足急となっている。前週末11日時点で71ポイント高と急伸、7連騰でフシ目の1000大台をついに回復した。1000回復は昨年8月以来約1年3カ月ぶりということもあって、株式市場にもインパクトを与えている。(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

■鴻池運輸 <9025>  1,479円  +83 円 (+6.0%)  本日終値
 11日に決算を発表。「上期経常は一転11%増益で上振れ着地」が好感された。鴻池運輸 <9025> が11月11日大引け後(16:30)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比10.9%増の64億円に伸び、従来の1.4%減益予想から一転して増益で着地。
  ⇒⇒鴻池運輸の詳しい業績推移表を見る

■北洋銀行 <8524>  435円  +24 円 (+5.8%)  本日終値
 11日に決算を発表。「7-9月期(2Q)経常は15%増益」が好感された。北洋銀行 <8524> が11月11日大引け後(16:30)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比12.4%減の143億円に減ったが、通期計画の227億円に対する進捗率は63.3%に達し、5年平均の42.8%も上回った。
  ⇒⇒北洋銀行の詳しい業績推移表を見る

■大垣共立銀行 <8361>  399円  +22 円 (+5.8%)  本日終値
 11日に決算を発表。「今期経常を31%上方修正」が好感された。大垣共立銀行 <8361> が11月11日大引け後(16:00)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比15.5%増の160億円に伸び、従来の2.4%減益予想から一転して増益で着地。併せて、通期の同利益を従来予想の165億円→216億円(前期は227億円)に30.9%上方修正し、減益率が27.6%減→5.2%減に縮小する見通しとなった。
  ⇒⇒大垣共立銀行の詳しい業績推移表を見る

株探ニュース

日経平均