市場ニュース

戻る
2016年11月14日09時28分

【市況】日経平均は92円高でスタート、米株高や円安など追い風に17500円を突破、三菱UFJは堅/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 17467.49 (+92.70)
TOPIX  : 1386.96 (+8.68)

[寄り付き概況]
 日経平均は続伸で始まった。11日の米国市場ではトランプ物色がやや一巡したほか、原油安が嫌気されたものの、NYダウは5日続伸となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の17420円、円相場は1ドル106円台後半で推移。米株高や円安の流れを受けて、シカゴ先物を上回ってのスタートとなり、大阪225先物は17500円を突破してきている。また日経平均も節目の17500円を超えてきている。

 セクターでは海運、パルプ紙、鉱業、銀行、不動産、保険、ゴム製品、鉄鋼、繊維が上昇。一方で医薬品、食料品は小幅に下落。売買代金上位では三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>、トヨタ<7203>、東芝<6502>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>が堅調。半面、NTT<9432>、JT<2914>が下落。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均