市場ニュース

戻る
2016年11月11日09時03分

【市況】個別銘柄戦略:自動運転関連にテーマ物色の余地


CME先物は上昇、本日も買い先行の動きが想定されるが、買い一巡後は利食い売りが優勢になると考えられる。トランプリスクは低下してきているものの、昨日の上昇はトランプ政策のポジティブ面だけをみたものになっており、こうした反動は警戒したいところ。ZMPの上場観測が報じられており、ZPM保有銘柄をはじめ、自動運転関連銘柄が賑わう可能性が高いだろう。個人投資家のマインド改善につながっていく余地も大きいと見られる。ほか、決算ではトレンドやネクソン、SUMCO、長谷工などがポジティブ、一方で楽天や荏原、沢井製薬などがややネガティブか。SUMCOに関しては、格上げや格下げなどアナリストの評価が二分されている。日立国際には複数で目標株価引き上げの動きが観されている。米ブリストルと提携の日東電工の動きなども注目されそうだ。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均