市場ニュース

戻る
2016年11月09日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 TOWA、トヨタ、ペプドリ (8日大引け後 発表分)

TOWA <日足> 「株探」多機能チャートより

※決算発表の集中期間(10月25日~11月14日)は、『決算特報』を毎日3本配信する予定です。

 1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信
 2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信
 3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信
ご注目ください。なお、配信時間は多少前後します。


 8日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 TOWA <6315>   ★上期経常は一転54%増益で上振れ着地
 ◆17年3月期上期(4-9月)の連結経常利益は前年同期比54.0%増の20.4億円に拡大し、従来の23.1%減益予想から一転して増益で着地。中国半導体メーカーの旺盛な設備投資需要を背景に、主力の半導体封止装置の販売が大きく伸びたことが寄与。
  通期計画の21億円に対する進捗率は97.2%に達しており、通期業績の上振れが期待される。

 浅沼組 <1852>   ★今期経常を93%上方修正
 ◆17年3月期の連結経常利益を従来予想の24.6億円→47.6億円に93.5%上方修正。減益率が60.1%減→22.7%減に縮小する見通しとなった。民間建築工事を中心とする手持ち工事が順調に進み、売上が計画を上回ることが寄与。選別受注などで工事採算が改善することも上振れに大きく貢献する。

 ペプドリ <4587>   ★7-9月期(1Q)経常は7倍増益
 ◆17年6月期第1四半期(7-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比7.0倍の3.9億円に急拡大して着地。帝人ファーマとの創薬共同開発プロジェクトで、設定した基準を満たす特殊環状ペプチドを発見し、一時金を受領したことが収益を押し上げた。

 アルプス技 <4641>   ★1-9月期(3Q累計)経常が44%増益
 ◆16年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結経常利益は前年同期比43.8%増の20.9億円に拡大して着地。主力の自動車関連を中心に技術者派遣が伸びたうえ、契約単価も上昇し大幅増益を達成した。
  通期計画の24億円に対する進捗率は87.4%に達しており、通期業績の上振れが期待される。

 トヨタ自動車 <7203>   ★今期税引き前を7%上方修正
 ◆17年3月期の連結税引き前利益を従来予想の1兆7800億円→1兆9000億円に6.7%上方修正。減益率が40.3%減→36.3%減に縮小する見通しとなった。世界販売計画を1015万台→1010万台に引き下げたものの、円高緩和効果と原価低減で採算が想定より改善する。前提為替レートは1ドル=102円から1ドル=103円に修正した。
  併せて、1.31%の自社株取得と2.21%の自社株消却を発表。株主還元を好感する買いが期待される。

 ユニマRC <9707> [JQ]  ★今期最終を6期ぶり最高益に2.5倍上方修正
 ◆17年3月期の連結最終利益を従来予想の7億円→17.8億円に2.5倍上方修正し、6期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期業績の上方修正は8月に続き、2回目。介護事業でシフト管理の徹底や業務効率化、人員配置の適正化などを進めることで、採算が大きく改善する。繰延税金資産の計上に伴い、税金費用が減少することも最終利益を押し上げる。

株探ニュース

日経平均