市場ニュース

戻る
2016年11月04日12時21分

【市況】イレギュラー価格は米大統領選後に修正か/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16888.78 (-245.90)
TOPIX  : 1345.24 (-23.20)

[後場の投資戦略]

 米雇用統計に対する警戒感はなさそうだが、米大統領選に対する不透明感から、ポジション圧縮の動きが続いている。TOPIXは1.70%の下げとなり、日銀のETF買い入れに伴う需給が下支えとして意識されやすい。しかし、17000円に接近するような場面では、戻り待ちの売り等も控えていると考えられ、不安定な相場展開になりそうだ。

 個別では動意をみせている銘柄も散見されるが、限られた物色の中で、短期資金が集中しているようである。引けにかけてのポジションクローズの動きには注意しておきたい。イレギュラー的な価格形成もありそうだが、いずれにせよ、大統領選通過後の修正になりそうだ。(村瀬智一)
《MA》

 提供:フィスコ

日経平均