市場ニュース

戻る
2016年11月04日09時29分

【材料】大陽日酸は軟調、17年3月期売上高を5700億円へ下方修正

大陽日酸 <日足> 「株探」多機能チャートより
 大陽日酸<4091>は軟調。同社は2日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上収益を6100億円から5700億円(前期比4.1%減)へ下方修正、営業利益は520億円(同6.3%増)、純利益は300億円(同3.3%増)で据え置いた。円高による為替換算の影響やLPガスの販売単価下落に加えて、米国やシンガポールでのハードグッズの需要低迷などが売上収益を圧迫、国内バルクガスの収益改善やサーモスグループにおける好調な業績を勘案して利益予想は据え置いている。あわせて発表した第2四半期累計の連結決算は売上収益2687億8200万円(前年同期比5.5%減)、営業利益259億4500万円(同6.5%増)、純利益164億6900万円(同9.6%増)となっている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均