市場ニュース

戻る
2016年11月02日06時36分

【市況】NY原油:3日続落で46.67ドル、トランプ・リスク台頭でリスク回避の流れ


NY原油は3日続落(NYMEX原油12月限終値:46.67↓0.19)。高値は22時40分の47.35ドル、安値は3時19分の46.20ドル。テキサス州から米南東部にガソリンなどを運ぶパイプラインの一部で火災が発生。輸送停止に伴い短期的な需給引き締まりが期待されたが、反発とはならなかった。


米国株式市場では、トランプ・リスクを懸念する動きが強まり主要3指数は下落。米VIX指数も一時、先行き不透明感の台頭を示す20台をつける場面が見られるなど先行き警戒感が高まっている。


日足チャートでは、100日移動平均線で推移している。石油輸出国機構(OPEC)による減産協議の進展に対する警戒感も先行しており、原油価格は1ヶ月ぶりの水準まで下落。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均