市場ニュース

戻る
2016年10月19日15時32分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):島精機、ディーエヌエ、エムスリー

島精機 <日足> 「株探」多機能チャートより
■島精機製作所 <6222>  2,647円  -246 円 (-8.5%)  本日終値  東証1部 下落率トップ
 島精機製作所<6222>が急落。午後1時ごろ、17年3月期の連結業績予想について、純利益を70億円から55億円(前期比68.1%増)へ下方修正したことが嫌気されている。円高により約36億円の為替差損の発生が見込まれるためだという。なお、売上高は630億円(同27.1%増)、営業利益は115億円(同98.9%増)で据え置いている。

■ディー・エヌ・エー <2432>  3,330円  -75 円 (-2.2%)  本日終値
 ディー・エヌ・エー<2432>が反落。18日の取引終了後、DeNAグローバルなど欧米のゲーム事業に関わる海外子会社を解散・清算すると発表。これに伴い、概算で30億円前後の費用が第3四半期累計(4~12月)連結決算で発生するとしていることから、業績悪化への警戒感が働いているようだ。同社では、16年3月期に実施した欧米における体制およびゲームポートフォリオの見直し以降、筋肉質な体制でゲーム開発に取り組んできたが、期待する水準のヒットタイトルの創出には至らなかったため、子会社を解散することになったという。今後は、現地スタジオでの開発を中心とする戦略から外部パートナーとの協業によるタイトルを主軸としたグローバル展開に戦略転換を図るという。

■エムスリー <2413>  3,495円  -60 円 (-1.7%)  本日終値
 エムスリー<2413>が安い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日付で、投資判断を「オーバーウエート」から「ニュートラル」とし、目標株価を3940円から3640円へ引き下げたことが弱材料視されている。仏ビダル・グループの買収や製薬会社の販促予算圧縮などの影響を考慮し、17年3月期営業利益予想を255億円から250億円(会社予想230億円)へ、18年3月期を同325億円から310億円へ下方修正したことが目標株価引き下げの要因。また、直近の株価上昇に伴い、セクター内における今後の株価パフォーマンスが相対的に中位になると判断したという。

■コマツ <6301>  2,356円  -31 円 (-1.3%)  本日終値
 コマツ<6301>は続落。中国国家統計局が19日に発表した16年7~9月期の実質国内総生産(GDP)伸び率は前年同期比6.7%増となり、市場予想(6.7%増)と同水準だった。この発表に対しては、予想の範囲内との見方から、株価の反応は限定的。今月28日に予定されている中間決算の内容などに関心が向かっている。中国建機販売が底入れ局面にあるとの見方から株価は今月中旬に年初来高値をつけており、今後一段の上値を試すかが関心を集めている。

■Jストリーム <4308>  380円  +80 円 (+26.7%) ストップ高   本日終値
 Jストリーム<4308>がストップ高。一部メディアが「総務省は、テレビ番組をインターネットで同時に配信する『ネット同時配信』を2019年にも全面解禁する方針を固めた」と報じたことが刺激となっているもよう。ネット動画配信を手掛ける同社への関心が高まっているようだ。同社は放送番組のネット同時配信や放送に連動して関連コンテンツをネット同時配信するサービス「放送番組サイマル配信・放送連動型ライブ配信」を手掛けており、日本初の24時間総合編成インターネット有料チャンネル「フジテレビNEXTsmart」に採用された経緯などがある。

■アサカ理研 <5724>  2,130円  +400 円 (+23.1%) ストップ高   本日終値
 18日、東証が19日売買分からアサカ理研 <5724> [JQ]に対する信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除すると発表したことが買い材料。日証金も増担保金徴収措置の解除を発表しており、信用規制の解除により、資金流入の活発化を期待する買いが向かった。

■フライト <3753>  874円  +149 円 (+20.6%) 一時ストップ高   本日終値
 フライトホールディングス <3753> [東証2]が連日ストップ高。17日、同社が17年3月期の連結経常損益を従来予想の5000万円の黒字→2億円の黒字(前期は1億2800万円の赤字)に4.0倍上方修正し、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが引き続き材料視された。モバイル決済サービス「Apple Pay」に対応する決済端末のライセンス販売や開発案件が拡大することが寄与。原価低減による採算改善なども利益上振れに貢献する。

■環境管理センター <4657>  503円  +80 円 (+18.9%) ストップ高   本日終値
 環境管理センター<4657>がストップ高。同社はこの日、午前10時にフィールド・パートナーズ(東京都港区)と資本・業務提携を行うことを発表、これを好感した。フィールド・パートナーズは、土壌汚染対策にコストキャップ保証をつけるという独自のビジネスモデルを構築している。今回の提携により、環境管理センターが土壌汚染調査を受託した案件に対してフィールド・パートナーズの土壌汚染対策に係るコストキャップ保証サービス及び土壌汚染対策工事サービスを紹介、フィールド・パートナーズが受託した土壌汚染対策案件における土壌調査業務の環境管理センターへの委託などを行う。資本業務提携により、フィールド・パートナーズに対する第三者割当増資を実施、フィールド・パートナーズに環境管理センターの普通株式47万株(第三者割当増資後の所有議決権割合10.05%、発行済株式総数に対する所有割合10.05%)を割り当てるとともに、フィールド・パートナーズの株式6株(所有議決権割合 1.03%、発行済株式総数に対する所有割合 1.03%)を自己資金で新たに取得する。

■チェンジ <3962>  5,850円  +780 円 (+15.4%)  本日終値
 チェンジ<3962>が大幅高で3連騰。18日、同社と鹿児島県の地域総合商社である南国殖産(鹿児島県鹿児島市)との共同企業体が、鹿児島県と「地域データ利活用促進業務(普及促進業務)」の委託契約を締結したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。同業務は、鹿児島県の自治体・高等教育機関・NPOなどにおいて、「地域経済分析システム」(RESAS=リーサス)を活用できる人材を創出することを目的とするもの。RESASは、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)が、地方自治体のさまざまな取り組みを情報面から支援するために、官民ビッグデータを集約し、可視化するウエブアプリケーションで、これを用いて、鹿児島県における政策課題を分析し、政策形成を支援するとしている。

●ストップ高銘柄
 ウェルス・マネジメント <3772>  990円  +150 円 (+17.9%) ストップ高   本日終値
 リアルコム <3856>  750円  +100 円 (+15.4%) ストップ高   本日終値
 ストライク <6196>  11,310円  +1,500 円 (+15.3%) ストップ高   本日終値
 こころネット <6060>  1,144円  +150 円 (+15.1%) ストップ高   本日終値
 など、8銘柄

●ストップ安銘柄
 サハダイヤモンド <9898>  1円  0 円 (0.0%) ストップ安   本日終値
 以上、1銘柄

株探ニュース

日経平均