市場ニュース

戻る
2016年10月19日12時35分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民進党 :パリ協定に賛成を決定


民進党は「民進党は18日夕、「次の内閣」会議を国会内で開催し、地球温暖化対策の新たな国際的な枠組みであるパリ協定に賛成を決定しました」とツイート(10/18)

報道にようと、蓮舫代表は「参院で審議入りするが、環境問題はわが党が1丁目1番地(政策)として主張してきたもの。しっかりと存在感を示していきたい」との見方を示した。また、銀地球温暖化対策を進める国際的な枠組み「パリ協定」を締結するのに必要な議案が、19日の参議院本会議で審議入りした。岸田外務大臣は、早期の国会承認の必要性を強調したが、米国と中国が動く前に日本は行動を起こすべきだったが、出遅れてしまった。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均