市場ニュース

戻る
2016年09月14日07時10分

【為替】NY為替:ドルは一時102円75銭、米長期金利上昇を意識したドル買い

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、102円06銭まで下落したのち102円75銭まで上昇し、102円57銭で引けた。株安、原油安を嫌ったリスク回避の動きが加速し一時リスク回避の円買いが強まったが、低調な米30年債入札を受けた債券利回りの上昇や、一部メディア報道「日銀は次回会合で金利をさらに下げることを検討する」がドル買い・円売りの材料になったようだ。


ユーロ・ドルは、1.1260ドルから1.1204ドルへ下落して1.1219ドルで引けた。ユーロ・円は、114円69銭から115円32銭へ上昇。


ポンド・ドルは、1.3269ドルから1.3168ドルへ下落した。英国の8月インフレ率が予想を下回ったため、金利先安観が再浮上し、ポンド売りが加速。ドル・スイスは、0.9707フランから0.9785フランへ上昇した。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均