市場ニュース

戻る
2016年09月14日06時29分

【市況】NY原油:大幅反落で44.90ドル、IEAによる16年需要予測下方修正を嫌気


NY原油は大幅反落(NYMEX原油10月限終値:44.90↓1.39)。国際エネルギー機関(IEA)が9月の石油市場月報で、16年の需要予測を前年比で日量130万バレルと、前月比で10万バレル下方修正した。また、経済協力開発機構(OECD)加盟国の在庫が7月時点で過去最高に積み上がっていることや、為替市場でドルが主要通貨に対してやや強含んだことなども嫌気された。


日足チャートでは、50日移動平均線と100日移動平均線に挟まれたレンジで推移している。6月9日の年初来高値51.67ドルを起点とした上値抵抗ラインを上抜けられない状況が継続。1日の安値43.00ドルを割り込むと200日移動平均線が位置する40ドル水準を意識した展開へ。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均