市場ニュース

戻る
2016年09月12日12時00分

【材料】カナモトが急反発、第3四半期営業2ケタ減益も悪材料出尽くし感強まる

カナモト <日足> 「株探」多機能チャートより
 カナモト<9678>が急反発。前週末9日の取引終了後に発表した第3四半期累計(15年11月~16年7月)連結決算は、売上高1034億2200万円(前年同期比4.5%増)、営業利益105億7600万円(同15.4%減)、純利益58億8900万円(同21.5%減)と営業利益が2ケタ減益に終わったものの、減益は織り込み済みであり、悪材料出尽くし感から買いが入っているようだ。

 東北復興や東京五輪に向けたインフラ再整備などの需要が底堅く推移したほか、ニシケンの新規連結組み入れで九州地区の売上高が大きく増加し増収を確保したものの、レンタル資産などへの投資増強に伴う減価償却費の負担増から減益を余儀なくされた。

 なお、16年10月期通期業績予想は、売上高1432億円(前期比7.4%増)、営業利益146億3000万円(同10.1%減)、純利益85億5000万円(同10.5%減)の従来予想を据え置いている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均