市場ニュース

戻る
2016年09月09日14時38分

【材料】DMG森精機が後場上げ幅を拡大、マイクロソフトとスマートファクトリーの実現に向け連携

DMG森精機 <日足> 「株探」多機能チャートより
 DMG森精機<6141>が後場上げ幅を拡大。この日、日本マイクロソフト(東京都港区)と、工作機械を中心とする制御システムのセキュリティーとスマートファクトリーなどの実現に向けて技術協力で連携することで合意したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 今回の連携では、世界最大の工作機械メーカーであるDMG森精機と、組み込み機器向けからパブリッククラウドプラットフォームまで幅広くIoTの基盤を提供し、グローバルレベルでのさまざまなセキュリティー対策の実績を持つ日本マイクロソフトが、それぞれのノウハウを結集することで、制御システムが直面するセキュリティーの課題に取り組むというもの。また、新規ビジネスモデルの構築に向けたクラウドにおける運用と応用分野の検討や、VR(仮想現実)/ウエアラブルデバイスによる機械操作員の作業効率の向上など、先端のIT技術の活用などでも協力するという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均