市場ニュース

戻る
2016年09月08日17時51分

【為替】明日の為替相場見通し=101円台中心の往来圏も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、101円台を中心とする往来圏が続く可能性がありそうだ。予想レンジは1ドル=101円00~102円00銭。

 この日は、午後からの日銀の中曽副総裁の講演が関心を集めた。同氏は「マイナス金利政策は金融機関収益に影響をおよぼしている」とするものの「金融機関収益への影響を考えマイナス金利の深掘りができないとの考えは取っていない」などと述べた。この発言を受けた市場では、101円台のレンジ相場に変化はなかった。

 あすは中国8月消費者物価や同生産者物価の発表などが予定されているが、目立った経済指標の発表は予定されていない。今晩のニューヨーク市場で波乱がなければ、あすも101円台での往来相場が続きそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均