市場ニュース

戻る
2016年08月25日18時42分

【テク】日経平均テクニカル:5日、25日線での攻防が続く


反落。5日、25日線での攻防が続いており、日中値幅は100円程度だった。一目均衡表では引き続き基準線と転換線とのレンジ内での推移となり、遅行スパンについては、実線を割り込んできており、陰転シグナルを発生させてきている。ボリンジャーバンドでは、中心値(25日)を挟んでの、+1σと-1σとのレンジとなるが、やや-1σ寄りで推移している。ただ、バンドは横ばいで推移しており、方向感が出難い状況。価格帯別出来高で商いが膨らんでいる16600-16800円レベルが抵抗として意識されてしまっている。週間形状では26週線が支持線として意識されているが、週足の雲下限が16950円辺りに位置してくる。価格帯別の抵抗を突破しても、戻り売り圧力は強そうである。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均