市場ニュース

戻る
2016年08月17日18時32分

【テク】日経平均テクニカル:理想的な反発も煮詰まり感が台頭


反発。25日線が支持線として意識される格好で反発をみせている。ただし、5日線に上値を抑えられており、自律反発の域となる。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。MACDはシグナルとの乖離をさらに縮小してきており、陰転シグナル発生が意識されてきている。一目均衡表では雲を上放れており、シグナルは変わらず。週足形状では雲下限を意識したリバウンド基調が継続。価格帯別出来高では商いの膨れている16600-16800円のレンジ内での推移。ボリンジャーバンドでは煮詰まり感が台頭してきており、転換点を迎えてきそうである。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均