市場ニュース

戻る
2016年08月15日12時00分

【市況】ランチタイムの日経平均先物は16900円でのもみ合い、前場のTOPIXは-2.30p

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

ランチタイムの日経平均先物は前日比20円安の16900円で推移している。為替市場では、ドル・円は101円30銭台、ユーロ・円は113円00銭台で推移。出来高は1.3万枚と商いは閑散としている。

なお、前場の日経平均は前日比+0.79円で取引を終えた一方、TOPIXは前日比-2.30%で取引を終了。これまで通りの日銀ETF買入の運用では、TOPIXマイナスで後場買入が入るとの見方だが、-0.17%という水準を受けて、一部市場関係者は「微妙な水準だが、運用ルールを把握するにはいいケース」とコメントしている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均