市場ニュース

戻る
2016年08月14日08時03分

【市況】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株マニア氏:円高傾向は依然変わらず、引続き為替に注意


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株マニア氏(ブログ「株マニア~素人の投資生活実況中継~」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年8月13日15時に執筆

先週(8月8日~12日)は、株価が大型株を中心に堅調に推移しましたが、為替の方は相変わらず重い状態が続いています。日銀のETFの買い増しが決まってから、株価と為替があまり連動されない傾向になっていて、円安が進まなくても株価が堅調で今までとはかなり違った動きになっています。

前回、書かせていただいた記事にアメリカの雇用統計をきっかけに円高傾向に歯止めがかかるかとして、注視していたものの今回も歯止めがかかるきっかけとはならなかったようです。

アメリカの株式市場は史上最高値の水準が続いているにもかかわらず、利上げをしようという気運は高まらない現状には少し違和感を感じるのですが、利上げの場合は市場が利上げをしても大丈夫だという空気にならない状態で踏み切ると不安定な動きになりかねないので、しばらくは利上げに踏み切る可能性は低そうです。

現在、欧米株は堅調で中国も比較的落ち着いている。原油価格もイギリスのEU離脱の問題も落ち着いている中で外部環境としては、日本株も期待が持てる状況が続いているとは言えますが、円高状態が続いている中でちょっとしたきっかけで再び不安定な状況になる可能性もあり、やはりこれからも為替の行方が今後を左右することには変わりないと思われます。

今週(8月15日~19日)も引き続き為替の動きに注意を続ける、一方でここのところ一層影が薄くなっている小型株に新たに目が向けられるようになるかも注意して見ていきたいと思っています。

----

執筆者名:株マニア
ブログ名:株マニア~素人の投資生活実況中継~

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均